Hofbackerei Edegger-Tax 

昨年、神田万世橋のふもとにオープンしたマーチエキュート神田万世橋の中にオープンした「ホーフベッカライ エーデッカー・タックス」に訪問。

このお店は、オーストリアのグラーツに本店があり、ハプスブルク家の王家御用達の称号を与えれているお店です。今回の日本への出店が、海外初出店。また、効率化・大量生産が主流になりつつある現代において、あえて伝統的な製法にこだわり、レシピの大半は、王家御用達の称号を授かった当時のままに造り続けているお店です。

DSCN1961 DSCN1985

カイザー:店頭では4種類ありました(プレーン・けし・ごまなど)。大きさは手のひらより少し小さいくらい、手作りで成形している感じがうかがえました。食感は少し固め、また塩分が強いように感じました。

DSCN1984

プルンダーは、マンゴーと苺がトッピング。デニッシュ生地は柔らかめで、クリームの味はあまり感じません。フルーツの甘酸っぱさが感じられ、とてもおいしかった。

 

マーチエキュート神田万世橋とは~以下HPより抜粋

中央線神田~御茶ノ水間に
「万世橋駅」があったことをご存知ですか?
1912(明治45)年に完成した赤レンガ造りの万世橋高架橋が、
歴史や記憶を活かしながら新たに生まれ変わります。
旧万世橋駅や交通博物館時代と変わらない、
連続するレンガアーチの美しさと力強さが特徴的なマーチエキュート神田万世橋。
階段、壁面、プラットホームなどの遺構がよみがえった空間の中に
知的好奇心を掻き立てるような趣味性、
嗜好性の高いショップやカフェが並ぶこれまでにない商業施設の誕生です。
旧万世橋駅と神田界隈は、
文化人から大衆までが集い人々が垣根を越えて分け隔てなく交流する場でした。
文化性を求める人たちが語らう往時のサロンのように、日本の「今から」の価値を発信し、
街のムードやにぎわいを創出する“周辺エリア活性型商業施設”です

http://www.maach-ecute.jp/about.html

コメントを残す