メゾンラドゥメンヌ トウキョウ

フランスパン好きな皆さんこんにちわ。東京メトロ「六本木1丁目」駅から飯倉交差点方面に向かって歩いて徒歩約10分。港区麻布台にお店を構えているメゾンラドゥメンヌ トウキョウにランチ訪問。この店は石川芳美さんのことを語らないといけないような気もしますが、それは他の方にお任せしたい。

少しだけ記載しますと、パン職人の石川芳美さんと、パティシエとして活躍する夫のロドルフ・ランドゥメンヌさんの二人が2006年にパリでスタートしたブーランジェリーで、現在、パリ市内に8店舗を展開し、麻布台にあるお店は海外第一号店です。

昨年3月にオープンし、何度か訪問しましたが、タイミングが合わずに、本日やっとこ入店できました。嬉しい。

IMG_20160131_110408

この店は、季節感を大切にしたコンセプトと品質の良さが評価されて、パリのグルメガイド“ピュドロ”にて、ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤーパリ“パリ最高パン屋賞”を受賞したという実力のあるパン屋さんです。

ランチ時に訪問しましたが、ランチ利用も可能、店内でパンを購入し店内でドリンクを注文し、購入したパンと一緒にというスタイルも可能とのことです。

座席は店内には約30席、店頭に約15席、店内は半分ほどお客さんがパンを楽しんでいました。中にはワインやビールと主に楽しんでいる方もいらっしゃいました。待たずに、すぐに席へ通していただけましたよ。本日はニース風サラダのランチを注文。内容はサラダにパンとコーヒー付です。嬉しいのはパンのおかわり自由なのが嬉しい。サラダはアンチョビがきいたサラダで、大人の味。

DSCN1957 DSCN1959

クロワッサンは、フランスでも人気とのことで、次回はクロワッサン購入忘れずにしようと思う。

コメントを残す