BURDIGGALA

フランスパン好きの皆さんこんにちわ。南麻布4丁目にあるBURDIGALA広尾店に訪問。

BURDIGALAの名前の由来は、古代ラテン語で、フランス「ボルドー」地方という意味だそうです。ハード系のパンが好きは私は前から気になっておりました。

DSCN1845

パン・オ・ノア(1/2)190円:表面硬めでパンがふんわりしていてとてもおいしかった。クルミの味も落ち着いていて、ワインに良く合うんでしょうね。

DSCN1859

クロワッサン220円:形は菱形ですが、バターや油の風味はあまりしないですが、あっさりとした感じのクロワッサン。

DSCN1854

エピ220円:小さくカットしてあるベーコンは、油抜きがしっかりされていて、パンとベーコンのうまみが出ており美味しかったです。

DSCN1858

 

コメントを残す